女性の期間工はアリなのか!?注意点とポイントを解説します。

今日は女性が期間工を目指す場合の情報について考えたいと思います。
女性は期間工として働けば、短期間で男性並みに稼ぐことができます。
しかし、難しい点もあるので、期間工の選び方と合わせて解説します。
●意外にも、期間工の職場は女性歓迎のところが多い!?
まず、多くのメーカーで女性を歓迎しています。
例えば、大手自動車部品メーカーのデンソーは、期間工募集のページで「女性活躍」を大きくアピールして、女性を歓迎しています。
そもそも期間工制度とは、
「メーカーが多くの人手が一気に必要な時に雇うもの」
です。
細かい作業など、女性の方が向いている仕事があれば、女性を優先的に採用すると言えば当然かもしれません。
また、女性が快適に暮らせるように、女子寮などの住居にも配慮しているので、寮に1人暮らししても安心ですね。
工場の仕事は過酷なものが多いですが、女性には男性より負担の少ない仕事が与えられている印象です。
例えば、同じ工場内でも、小さな部品の組み立てや製品の検査など、負担の少ない部門に配属されることが比較的多いです。
しかし、これらの仕事は勉強も必要ですし、地道な作業も必要で、決して楽な仕事とは言えません。
なので、女性だから楽ということは決してありませんので注意してください。
また、工場の人手不足や時期によっては、力仕事や硬直した姿勢が要求されることもあります。
そのため、女性の場合は、そもそも力仕事が少ないメーカーを選んだ方が良いでしょう。
例えば、部品を作るメーカーの場合は、細かい組み立て作業や検査(不良品のチェック)がほとんどなので、完成車メーカーに比べると力仕事は少ないです。
期間工の女性比率はどうでしょうか。
完成車メーカー(トヨタとか日産とかスバル)のように女性が少ないメーカーの場合は、そもそも社内に女性が少ないため、同性の友人を作るのが難しいかもしれません。
しかし、部品メーカーなど女性が働きやすいメーカーを選ぶと、以下の職場で15~30%の女性が働いています。
Twitterなどでも、女性の期間工が頑張っていたりするので、励みになりますね。
下のページでは女性期間工の注意点やおすすめのメーカーなど紹介しているので、是非一度参考にしてみてください。
女性期間工の注意点とポイント