友人と熊

ベラとラジュは親友でした。
ある休日、二人は自然の美しさを楽しみながら森の中を歩いていました。突然、彼らは熊が近づいてくるのを見ました。二人は怖くなりました。
木に登ることをよく知っているラジュは、木に駆け寄り、すぐに登りましたが、彼はベラのことを考えていませんでした。
ベラはどうやって木に登ればいいのかわかりませんでした。
ベラは一瞬考えた。動物は死体を好まないと聞いていたので、地面に倒れ込んで息を止めた。熊は彼の匂いを嗅いで、死んだと思った。そして、その場を立ち去ったのです。
ラジュはベラに尋ねた。
“熊は君の耳に何をささやいたの?”

と聞くと、ベラは「熊に、君のような友達に近づかないように言われたよ」と答えました。

この物語の教訓。
困っている時に友達の事を考えられるのが本当の友達。